卒業生の声

卒業生の声

安楽 星矢 ベーシックコース 平成22年3月卒業

僕は、現在の仕事をしながら学校へ登校していました。仕事は早朝からあり、学校との両立は大変ではありましたが、職場の人たちの理解もあり、無事に卒業ができました。
通信制は自分で授業を選び時間を作ることができるので、仕事に支障をきたすことなく学習ができました。先生たちとは、気軽に授業の合間に話ができ、いろんなアドバイスをいただきました。
仕事をしながら高校卒業を目指す人にはぴったりの学校だと思います。

清水 俊充 全日型通学コース平成21年3月卒業

私は、前の高校があわなかったので、いろんな学校を調べたうえで、英数高等学院に転入しました。
私は、全日型通学コースに在籍していましたが、気の合う友人ができて楽しい高校生活を送ることができました。ゲーム同好会を発足し、放課後に空き教室で対戦ゲームや卓球などをしたことは、楽しかった思い出として今も心に残っています。また、研修旅行で行った岡山と大阪も印象深い思い出です。
一泊二日の旅行中、皆と楽しく、また濃い時間を過ごすことができました。
現在は、一人暮らしをして宮崎の南九州大学に通っています。大学では環境園芸学科の園芸生産環境専攻在籍し、花や野菜を育てながら栽培方法などを学んでいます。将来農業をしたいと思っている私にとっては、とても興味深い内容です。
英数で高校卒業をできてよかったと、今感じることができています。

嘉村 菜々子 ベーシックコース 平成19年3月卒業

私は中学校を卒業してすぐに英数高等学院に入学しました。中学から友だちもいて、先輩たちとも仲良くなり、通学するのも楽しかったです。週2日の登校以外の日は、親に負担をかけないように、アルバイトをして学費の足しにしていました。
「ただ卒業出来ればいいや」と思っていた入学当時でしたが、通学するにつれ授業が楽しくなっていきました。特にパソコンの授業がおもしろく、資格が取得できたときはとてもうれしかったです。勉強が苦手だった私でも頑張ればできるんだと実感しました。
卒業してからは取得した資格を活かし、仕事を頑張っています。悩み事があると今でも学校に相談に行きます。人生の先輩としてアドバイスをくれる先生たちがいる英数高等学院が大好きです。

古賀 幹也

僕は、高等学校を2回中退しました。親に「高校くらいは出ておけ」と言われ渋々並木学院高校に入学しました。入学当時は、あまり授業に身が入らず単位を落とすことがよくありました。でも、少しずつでも単位を修得するうちに「高校を卒業」という目標が近くなり、授業も真面目に受けるようになりました。今では、大学に進学する気持ちが高まり受験勉強を頑張っています。僕は、ここで過ごした2年6ヶ月は長かったけど、たくさんの事を学んで変わることができました。本当に良かったと思います。

末綱 由貴

私にとって全日制高校での学習ではとても無理があり、続けることができませんでした。しかし英数に入学してからは、興味ある科目を都合の良い日に選択し学習することができるので、自分の自由な時間を有効に使うことができました。通信高校で難題とされるレポートも授業の中に取り入れ、分かりやすく指導してくれるので非常に助かりました。一度しかない自分の人生を、自分が頑張れるところで精一杯自分が納得できるよう頑張ることができて、本当に良かったと思います。

小野 美江

公立の通信制高校に通っていましたが、2年間で単位をほとんど修得できませんでした。自分で自分の管理をすることが大変難しかったです。しかし、英数に入学して「学校に登録する」ことが楽しく友達もたくさんできました。先生達も色々なタイプがいて、ユニークでとても親切に指導してくれました。おかげで高校を卒業することができ、ひとつの事をやり遂げた達成感で一杯です。これからも、いろんな事があると思いますが頑張っていこうと思います。

秋山 亮太郎

僕は、高校時代に大切なことは「将来どの様にしたいのかを考えること」だと思います。大人は簡単に、「将来どうするのか早く考えなさい」と急がせます。分かってはいるけど、とても難しいことだと思います。目標もなく、とりあえず勉強している人も多いと思います。僕は、この学校に通ってゆっくりと将来について考えることができてとても良かったと思います。少し年齢の離れた先輩からもアドバイスをもらったこともとても良かったです。進学校に通っていた僕にとって、入学当時は戸惑いもありましたが今では自分にとてもあった学校でした。本当に良かったと思います。